ESLUE6334.jpg

- about -

Production ・ Design by         Oishi Kosuke

指輪のことが嫌いでした。手を使って何をするにも邪魔になるし、指に付いている、“違和感”としか感じられませんでした。

でも初めて、この指輪ならつけてみたい!この指輪は私らしい気がする!という指輪に出会って、その“違和感”が違うものに変わりました。邪魔だった指輪は、何をするにも手元にある愛しいものになり、ふとした時に眺めて安らぎをくれるものになりました。

指輪はとても小さく、身につける人の心に与える影響はほんの小さな変化かもしれません。でも小さくとも、その変化が前向きなものでもあると気づいた時、指輪が特別なものになったのです。

小さな存在である指輪が、心に“機微”(小さな変化)を与える。そんなブランドになるよう、kibiと名付けました。

- Logo -

kibi ロゴ_03.gif

kibiのロゴは、指輪の象徴としてのリング(輪)が、少しずつズレながら重なっています。ズレという小さな変化が生む新しい形という意味になっていて、指輪を身につけるという小さな変化で、今までと違うちょっと新鮮な心の在り方を作りたいという、kibiの想いを表しています。

そんな指輪への想いから、私の木を扱う仕事の中でどんな指輪が作れるのか?と考えた時、今世の中にある、木で出来たシンプルなリングでは木の特徴が十分に発揮されていないと感じました。

木の特徴である木目を活かすためには、それなりに大きさが必要で、木と指輪とのマッチングには大きめのサイズが重要だと感じました。

だからこそ、kibiでは指輪のトップに広い面を作り、時にシンプルに、時にカットや削りを加え、木目を感じられる指輪を目指しました。

ETULE8255.jpg
QKHGE0828.jpg

New Collection

Design・Production ooishi kousuke

Email: ooisi.16@gmail.com

31089E6A-82EC-4188-8429-F860959515CD-1588-00000035DAA76642_edited.jpg
FBDB13DE-B423-47E9-A254-E91114E1461B.jpg
FB4107CF-AE60-4452-94AB-E99F00F93539-2660-000001F868CE49F2.jpg